メニュー

新型コロナウイルス感染症に対する当院の取り組みについて

2020年6月9日更新

当院はコロナウイルス感染症対策に次亜塩素酸水が有効と判断して活用してまいりましたが、2020年5月29日nite(製品評価技術基盤機構)の次亜塩素酸水のコロナウイルス感染症対策に対する有効性の評価についての発表を受け、当院のコロナウイルス感染症対策を見直し変更をいたしました。

今後とも最新の情報を常に収集して感染症対策を行っていく所存でございます。ご理解ご協力のほどお願い申し上げます

当院では、新型コロナウイルス感染症対策として以下の取り組みを行っております。

新型コロナウイルス対策として行っている取り組み

  1. 玄関・待合室に消毒液を設置しております。
  2. 来院される患者様の発熱の有無などを確認して、感染の疑いがある患者様には治療を見合わせていただいております。
  3. 待合室のソファー・ドアノブ・手すりなど、人の手が触れる物は一定時間おきに殺菌しております。
  4. 待合室、トイレ、個室、診療室内に殺菌効果のある医療用加湿器を設置・常時稼働させています。
  5. 全ての患者様の治療前にペリオトリートでうがいをしていただいております。
  6. 希望する患者様には、自家用車でお待ちいただき診察のお時間になりましたら携帯電話でお呼び出しいたします。希望する方は受付にお申し出ください。

院内感染予防として普段から行っている取り組み

  1. マスク、医療用ゴム手袋、ゴーグルの着用を徹底しております。
  2. 医療用ゴム手袋は、患者様の診察ごとに交換しております。
  3. エプロン、紙コップは患者様ごとに廃棄しております。
  4. 飛沫感染を防ぐため、口腔外バキュームを使用しております。
  5. 全ての治療器具は患者様ごとに交換・滅菌処理または廃棄しております。
  6. 診療台(チェア)や操作パネル等は患者様の診察ごとに消毒しております。
  7. 当院の全てのスタッフは頻繁な手洗い消毒を行っております。

新型コロナウイルス対策として職員の取り組み

当院では患者様に安心して受診していただくために,全てのスタッフに対して以下の健康管理および感染症対策を行っております。

  1. 当院のスタッフは毎日、朝夕の体温測定を実施し、発熱・喉の痛み・せき等の症状が見られた場合には、速やかに報告し4日間自宅待機、その後の症状により保健所への相談を行うこと。
    そのため患者様には急な予約の変更をお願いする場合がございます。何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
  2. 新しい行動様式を守り感染予防に努める。
  3. 自身の免疫力向上に努めること。
  4. 日常生活においても手洗いを励行すること。
  5. 常に最新の情報に基づいて研修を行うこと。

医療法人文正会小林歯科医院 院長